アンチエイジング治療を受けてさらに美しくなろう|魅惑のクリニック

女の人

効果的なたるみ除去方法

頬を触る人

若いときには弾力があった肌も、年齢と共に垂れ下がってきます。たるみができてしまうと、疲れた印象を与えてしまいますし、何より老けて見えてしまいます。アンチエイジングの1つとして、たるみ治療があります。美容外科でたるみ治療を行なうなら、治療の種類を知っておいたほうが良いです。切る治療もあれば、切らない治療もあるので、自分のニーズに合った治療法を選ぶと良いでしょう。アンチエイジング治療の中でも、人気があるのはPRP療法です。PRP療法とは、自分自身の血液を精製して注入するという治療法です。一人ひとりの悩みに応じて、注入量や成分濃度を調整することができるので、高い効果を発揮するのです。また自分の血液を使用するので、アレルギー反応などの心配もなく、安心して治療を受けることができるのです。PRP療法は、目の下のたるみだけではなく、額や口周りのしわなどさまざまな悩みを解決できます。PRP療法を1度行なうだけで、複数の部位のしわやたるみを解消でき、また長い期間効果が持続するのです。PRP療法の施術時間は、10分程度で、施術後もすぐにメイクすることができます。安全性が高いアンチエイジング治療なので、たるみが気になる人は、受けてみると良いでしょう。

たるみを除去するアンチエイジング治療と言えば、リフトアップがポピュラーです。リフトアップは糸を使って引き上げるものもあれば、切らずに行なうことができるリフトアップもあります。切らないリフトアップとして、サーマクールCPTとウルセラシステムがあります。サーマクールCPTとは、高周波の熱を使用して、肌を収縮させて引き締め効果を得るという治療法です。サーマクールCPTを照射したときは、皮下脂肪の繊維も収縮するので、たるみ除去効果だけではなく小顔効果も得ることができます。サーマクールCPTを使用すれば、肌を切ることなくリフトアップをすることが可能です。また、2週間~3ヶ月程度で徐々に効果が表れてくるので、周りの方に気づかれにくいというメリットがあります。ウルセラシステムも、切らないリフトアップで、超音波を使用して皮膚のたるみを改善できるアンチエイジング治療です。たるみを除去したい部分に、密度の高い超音波を照射して、筋肉まで熱エネルギーを届けることで肌を引き締めることができます。ウルセラシステムは、施術は短時間で済むので、体への負担を抑えられます。また、ダウンタイムも短いので、仕事やプライベートに影響することもありません。サーマクールCPTやウルセラシステムを利用すれば、切らずにリフトアップをして、アンチエイジングすることも可能なのです。

一昔前まで、たるみを除去する場合は、肌を切る治療が一般的でした。しかし、切開する場合はリスクが高まってしまいますし、ダウンタイムも長引いてしまいます。そのため、今では切らない治療が普及しているのです。糸を使用するリフトアップは、特殊な糸が登場したことによって、状況に合った糸を使い分けられるようになっています。糸を使ったリフトアップの方法は、引き上げる方法と引き締める方法の2種類があります。フェザーリフトやスレッドリフトなどは、たるんでいる部分を、糸で引き上げるという治療法です。物理的に引っ張ることによって、垂れ下がっている肌を引き上げて、たるみを解消することができます。ショッピングスレッドやウルトラVリフトなどは、糸を埋め込んで組織を反応させることで、肌を引き締めることができます。同じ糸を使ったリフトアップでも、治療法は色々あるのです。